空調工事

事業概要 事業の特長 空調メンテナンス 空調工事 空調工事とは 重要性 効果 作業手順
ダクト清掃 浴室リフォーム 製品概要 省エネコンサルティング 省エネ診断 省エネ改修工事 補助金・助成金活用コンサルティング BEMS ESCO事業

作業実績

お問い合せ 協力会社様へ

空調工事の作業手順

1   

冷媒回収

冷媒回収

既存機器から冷媒(フロンガス)を回収します。


2   

既存機器撤去

既存機器撤去

既存機器を取り外します。


3   

新規機器取り付け

新規機器取り付け

新規機器を吊り込む準備を行い、新規機器を取り付けます。


4   

気密試験、真空引き

気密試験、真空引き

窒素を使い、配管の気密試験を行い、漏れをチェックします。
その後、真空ポンプを使い、真空引きします。




ガス漏れチェック


5   

試運転・データ測定

試運転・データ測定

エアコンの動作確認です。このときに、吸込み温度や吹き出し温度を測定し、正常にエアコンが稼働しているかをチェックします。


お問い合わせフォーム