空調メンテナンス

事業概要 事業の特長 空調メンテナンス 空調メンテナンスとは 重要性 効果 作業手順 修理・保守点検
空調工事 ダクト清掃 浴室リフォーム 製品概要 省エネコンサルティング 省エネ診断 省エネ改修工事 補助金・助成金活用コンサルティング BEMS ESCO事業

作業実績

お問い合せ 協力会社様へ

空調メンテナンスの重要性

エアコンの使用時にイヤな匂いがしたことはありませんか?

これは、エアコン内部に溜まったカビ・ダニ・花粉・ホコリ・タバコのヤニ等による汚れが原因です。
さらに、溜まった汚れは細菌や雑菌の繁殖を助長します。

業務用エアコン、空調メンテナンスの重要性

このような汚れが溜まったエアコンを使っているということは、エアコンから吹き出す風により、部屋中に汚れや細菌を撒き散らしているようなものです。
汚れを放置しておくと・・・下記のような問題が発生します。

1.消費電力量と電気代の増加

エアコンに汚れが溜まるとエアコンの効きが悪くなります。
当然、設定温度に達するまでのエアコンの稼働時間が長くなり、その結果として消費電力量と電気代が増加します。
汚れでエアコンの風量が10%落ちると、電気代は約20%増加すると言われています。
業務用エアコンの吸込みグリル

2.異常停止・水漏れなどの故障の発生

エアコンのトラブルの7割は汚れによるものです。
汚れを放置しておくと、エアコンに高負荷がかかり、異常停止や水漏れなどのトラブルの発生率が上昇します。当然、空調業者による修理対応の度に費用がかかってしまいます。
また、真夏日や猛暑日にエアコンが異常停止してしまったら、店舗などの営業に、大きな支障をきたしてしまうでしょう。
また、この様な日には空調業者への修理依頼が殺到し、手配も困難となります。
最終的には、設備ご担当者さまへの時間的・精神的な負担がかかってまいります。
業務用エアコンのドレンパン(エアコン内の結露水を受ける皿)の汚れ

3.部屋の空気の汚れ

エアコンのフィルターには一般住宅のカーペットの8倍ものカビが付着しています。
部屋の中の空気が汚れていると、夏型過敏性肺炎など、恐ろしい病気にかかることもあります。
業務用エアコン内部の熱交換器に溜まったホコリ